HOME>オススメ情報>素材の違いで何が変わるのか確認する必要がある

種類ごとの特徴を知ろう

会議室

オフィスチェア選びのポイントの1つに、素材の違いがあげられます。例えば張地に使われている素材の1つが、メッシュ素材になります。メッシュ素材は通気性に優れているため、座るときの蒸れが気になる方に適しています。一方でファブリック布地の場合には、カラー展開が豊富でおしゃれなオフィスチェアを探している方に合った素材です。さらに高級感のある椅子に座って仕事がしたいなら、レザー素材のオフィスチェアを選びましょう。このように使われている素材の違いだけでも、特徴が異なります。特徴の違いを考慮したうえで、どのような種類のオフィスチェアを選ぶか考えていきましょう。働く環境や座っている時間などを考慮して選択することも大切です。

背もたれの高さはどう選ぶか

私服の男性

オフィスチェア選びで注目するべきポイントの1つが、背もたれの高さです。背もたれの高さの違いによって、長時間の作業がしやすいか、置いたときに圧迫感がないかなどの違いが生まれます。例えば背もたれが低いタイプの場合、コンパクトなサイズになるので部屋に置いたときに圧迫感が少なくて済みます。背もたれが低いと長時間の作業には向かないものの、1つの部屋に複数個のオフィスチェアを設置しやすくなります。一方で長時間の作業を想定しているなら、リラックスしやすい背もたれが高いタイプを選ぶのも1つの手です。

機能面の違いに注目しよう

オフィス

オフィスチェア選びでは、仕事をする環境に合わせてどのような機能が必要になるのか考えていく必要があります。例えばアームレストがあるオフィスチェアを選ぶと、腕への負担を軽減できるため長時間の作業もしやすくなります。ですが狭い職場でアームレストがあると、閉塞感が生まれるので注意が必要です。実際にどのような点に注目するべきかは、仕事をする環境によって異なります。職場の環境を考慮したうえで、相性の良いオフィスチェアを考えていきましょう。